ゴシップサイトブロッカー

English

ゴシップサイトブロッカーとは

Personal Blocklistの代替として開発されている拡張機能です。

ダウンロード

主な機能

  • ドメインだけではなく、任意のURLによるブロック(例えば、Twitterではアカウントごとにブロックできます)
  • 国際化ドメイン名の一括ブロック
  • 正規表現による一括ブロック
  • キーワードによるブロック
  • 非表示(ソフトブロック)、削除(ハードブロック)の制御が可能
  • ブロックしたサイトが一瞬でも見えてしまうのを防止
  • カード型の検索結果、ニュース、動画もブロック可能

リリース履歴

詳細はブログを参照してください。

1.5.1より、"tabs"パーミッションが必要になっています。 これは、アクティブなタブのURLを取得するために使われます。

これはこちらのミスでした。この問題は1.5.2で修正されています。

v1.8.1

バグ修正

  • ブラウザによってブロックリンクが出ないことがあるのを修正しました。
  • トップニュースでブロックできなかったのを修正しました。

v1.8.0

機能追加

  • 「正規表現でブロック」オプションを追加しました。

バグ修正

  • 「禁止用語」にスペースが入っていたときにインポート/エクスポートがうまくいかないのを修正しました。
  • 英語のメッセージに日本語が入っていたのを修正しました。

v1.7.0

機能追加

  • 現在見ているページをブロック可能にしました。

Bug Fixes.

  • ツール使用時に「全てのブロックを一時解除」リンクが表示されないのを修正しました。
  • 「英語で検索」がGoogle検索以外で出てなかったのを修正しました。

v1.6.0

機能追加

  • ブロックダイアログに「推奨」を追加しました。
  • 「全てのブロックを一時解除」リンクを追加しました。

バグ修正

  • URLにUTF-8でないエンコーディングが使われているときに例外が出ていたのを修正しました。

v1.5.3

機能追加

  • 禁止単語のソフト/ハードをエクスポート可能にしました。
  • 禁止単語のソフト/ハードをインポート可能にしました。
  • 禁止単語のタイトルのみ/タイトルとコンテンツをエクスポート可能にしました。
  • 禁止単語のタイトルのみ/タイトルとコンテンツをインポート可能にしました。

v1.5.2

機能追加

  • 禁止用語のオプション(タイトルのみ/タイトルとコンテンツ)を追加しました。

バグ修正

  • 不必要なパーミッションを削除しました(tabs -> activeTab)

v1.5.1.1

バグ修正

  • 禁止用語のロードができない件を修正しました。

v1.5.1

機能追加

  • 「英語で検索」ポップアップを追加しました。
  • 「いかがでしたか」を除外して検索するポップアップを追加しました。

改良

  • 禁止用語にソフト/ハードのオプションを追加しました。

v1.5.0

機能追加

  • トップニュースをブロック可能にしました。

改良

  • 検索画面からブロック状態を変更できるようにしました。
  • メニューの場所をオプションで設定可能にしました。

v1.4.0

機能追加

  • 国際化ドメイン名のブロックに対応しました。

改良

  • キーワード/国際化ドメイン名によるブロック時に、さらに明示的にブロック可能にしました。

v1.3.2

改良

  • オプションページにタブを追加しました。

バグ修正

  • コンテンツがないページでエラーが発生していたのを修正しました。

v1.3.1

バグ修正

  • サポートされているURLを追加しました。
  • いくつかのドメインでブロックできなかったのを修正しました。

v1.3.0

機能追加

  • キーワードによるブロックを追加しました。

バグ修正

  • Google側の変更によりブロックできなくなっていたのを修正しました。

v1.2.0

改良

  • ソフト/・ハードをダイアログで設定できるようになりました。

バグ修正

  • 「全てクリア」を押したときにハードブロックの表示がクリアされないのを修正しました。
  • ブロックしたときに表示されるURLが常にフルURLになるのを修正しました。

v1.1.0

機能追加

  • ソフト/ハードをインポートできるようになりました。
  • ソフト/ハードをエクスポートできるようになりました。

改良

  • ソートされた状態でエクスポートされます。

v1.0.1

  • ブロックダイアログで、ラジオボタンの後のテキストをクリック可能にしました。

v1.0.0

最初のバージョン